ソリューション

社内に散在する顧客データを一元管理したい

イベント・セミナー等で獲得したデータや名刺データ等、社内で散在するデータを個別に管理していると、各所のデータが膨れ上がり、データに矛盾などが生じてしまうことがあります。
そのままの状態でデータの活用をしようとすると、データ重複などから同一人物に対しの同一DMの発送や二重の電話営業といった無駄なコストを発生させるばかりではなく、お客様からのクレームに発展しかねません。
散在するデータを集約し、データのクレンジング・重複排除といった整備を行う事で、データの一元管理ができ、マーケティング活動に有効活用する事ができます。
整備したデータに、法人インフラデータの属性情報を付与する事で、売上・利用頻度・業種別のシェア率などお客様が望ましいと思われる確度から分析を行う事が可能になります。
CSMではもっとも顧客となる確率の高い企業群へMarketing Activityの実施までサポートさせていただきます。

プロセス

関連するサービス

お問い合わせはこちら

CSMのソリューション