ソリューション

新規顧客を発掘したい

まずは、現在お持ちのクライアントデータを分析します。分析用の属性データをクライアントデータに付与する事で情報を様々な角度より分析が可能になり、データの可視化を行う事により自社のホワイトスペースを探し出します。ホワイトスペースを抽出したら、その属性分析で割り出したデータを法人インフラデータより抽出、これで新規顧客のターゲットリストは作成できました。
このターゲットリストを用いてCSMはお客様のご予算と目的に合わせた各種アクティビティを展開できます。
Case1ではアウトバウンドコールによる直接リードの獲得や法人インフラデータでは知りえない、DMUやE-mailアドレスなどの情報を獲得(プロファイリング)を行います。アウトバウンドコール後、獲得した情報を元に自社製品のホワイトペーパーのURLのあるコンテンツをE-mailで一斉配信する事で、アウトバウンドでリードに成りえなかった対象にも継続的なアプローチを行う事ができます。
また、既存の配信サービス(メルマガ等)との連携を考えるのであればホワイトペーパーのダウンロードサイトにとメルマガ登録(個人情報)システムを連動させれば、メルマガ会員の増加も見込む事が出来ます。この様なサービスを一貫して提供できる事がCSM最大のセールスポイントでもあります。

プロセス

関連するサービス

お問い合わせはこちら

CSMのソリューション